スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜走り

2014.07.31.Thu.09:38
毎日、暑い日とまともに相棒に乗れない日が続いてます。
ついに我慢出来なくなって、疲れた体を奮い立たせ、夜走りに行ってきました。
午後八時半、やっと仕事が片付いた。
急いで着替え、職場近くの隠れ家に置いた相棒を取りに行く。
夏の熱気と排気ガスが篭った駐車場で相棒に火を入れる。
吹き出る汗を拭い、メットを被る。
あまりの湿度のせいか、シールドが曇る。
軽く指先で拭い、クラッチを繋いだ。

四ッ輪を縫うように環八を走る。
後ろから、エキゾーストノートが近づき、右横をかすめて行った。
メーターの針は、11時を指している。
ある先輩の言葉が脳裏に浮かぶ。
「世の中には、二通りの馬鹿がいる。俺に抜かれる鈍臭い馬鹿と、俺を抜いて行く命知らずの馬鹿と…」
少なくとも、あいつにとって、俺が鈍臭い馬鹿に見える速度ではないだろう。

玉川インターから、第三京浜に滑り込みアクセルを開ける。
誰かに凌辱されたエンジンは、そんなこと関係ないだろう?…と言うように俺の右手の動きに答えてくれる。
後ろに飛んで行く景色を楽しんでいたら、ゲートが近づいてきた。
相棒を軽く左にバンクさせ、ゲートをくぐり、パーキングに滑り込む

20140730_3.jpg
保土ヶ谷パーキング
さすがに、平日のこの時間は静かだ・・・
縁石に腰かけ、百円玉で買えなくなって久しい缶コーヒーを開ける。

周りに無数のエキゾーストノートが轟き、ライトが跳ねる。
目を閉じ、軽く頭を振ると静けさが戻っていた。

あの頃は若かったと苦笑いを浮かべる親父がタンクに映っている。

パーキングを出て、横浜新道を走る。
気持ちいい速度で走って、原宿の交差点を左折、さらに北鎌倉方面に右折。
20140730_1.jpg
鶴岡八幡宮をかすめて、滑川からR134
世の中は、海水浴の季節か?

20140730 _2
江の島・・・
橋を閉鎖して、おまわりが立っている。
マナーを守らなければ、ルールが出来る。
ルールを守らなければ、締め出される。
一時の悦楽の為に、自分で自分の首を絞める馬鹿がいる。

潮風と湿気に満ちたR134を平塚まで走り、R129に入る。
この道は、昔から好きな道!
高速のように急かされることもなく、かと言ってイライラするような鈍重さもない。
良いリズムでストップ&ゴーを繰り返し距離を稼ぐ。
一度R246と合流し、また、別れる。
R246の直進を示す青看板に「大和」の文字。
微かな痛みが、チクリと胸を刺す。
R246と別れ、R129で橋本へ
そこから走り慣れた道を走り帰宅。

三時間、120km…
不完全燃焼気味のショートトリップ!
しかし、この夏の定番コースになりそうだ。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。